1. TOP
  2. 書籍 【Books】
  3. たいころじい
  4. たいころじい 第40巻

たいころじい 第40巻

[巻頭特別企画]  
19人の著名人からのメッセージ集
 「未来に伝えたいこと、モノ、言葉」

1988年の創刊から24年、今巻で第40巻となることを記念し、「未来に伝えたいこと、モノ、言葉」をテーマに、各界の叡智19人から寄せられたメッセージを一挙掲載。

メッセージをくださった方々(五十音順)
青木 孝夫(鼓童グループ『株式会社北前船』代表取締役社長)
池辺 晋一郎(作曲家)
大倉 正之助(能楽囃子大倉流大鼓)
大橋 力(科学者・芸能集団『芸能山城組』主宰)
岡田 知之(札幌大谷大学芸術学部特任教授ほか)
加藤 金治(三味線製造・小売『三味線かとう』店主)
小林 忠雄(北陸大学未来創造学部教授)
齋藤 宰(マリンバ等打楽器製造販売『株式会社こおろぎ社』代表取締役)
齋藤 孝(明治大学文学部教授)
塩見 和子(公益財団法人日本太鼓財団理事長)
辻口 博啓(バティシエ)
東儀 秀樹(雅楽師)
畠山 國彦(全日本幼児教育連盟会長)
林 英哲(太鼓奏者)
藤波 努(北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科准教授)
麿 赤兒(舞踏家・俳優)
宮本 康良(明治大学付属中野中学・高等学校常任理事)
山内 令子(社会福祉法人『富岳会』理事長)
山本 寛斎(ファッションデザイナー・イベントプロデューサー)

[連載]
呂悦師匠の邦楽講座   藤舎呂悦
尺八すけっちぶっく   土井啓輔
竜太郎ゆるみ打法   金子竜太郎
太鼓の風景   浅野昭利
                  ほか

商品の詳細は浅野太鼓HPを覧ください。
浅野太鼓HP:たいころじい 第40巻

商品コード: BOOK0040

販売価格: 1,500 (税込)

0 ポイント獲得!

商品情報

[特集]第40巻記念 特別企画 未来に伝えたいこと、モノ、言葉

1988年に創刊した『たいころじい』が、24年の歳月を重ねて今巻で第40巻に達した。
88年といえば、佐渡で鼓童が『アース・セレブレーション』の第1回を開催し、兵庫県でおこなわれた第3回国民文化祭に太鼓がはじめて登場した年だ。
社会的なできごととしては、竹下登政権のもと地域振興を目的とした『ふるさと創生』の資金として「使い途自由」な1億円が全国の約3,300自治体に一律に交付されて物議をかもしたことが思い出される。

それから24年。時代は20世紀から21世紀になり、文化・文明は目ざましいスピードで進化した。それにともない、太鼓をとりまく環境も、社会の状況も大きく変化した。ことに2011年3月11日の東日本大震災の発生以降は、社会での価値観や世界観が大きく変容し、個々人の人生観や死生観さえも大きく揺らぎ始めた。

そうした混沌の中でも、私たちは日本人であることに誇りを持って未来に向けて歩き続ける。
その未来が、日本人としてより豊かさを感じられる社会になるため何が必要か。私たちは次の世代に何を伝えていけばいいのか。

私たち日本人が未来に希望を託すよりどころとなることを願い、本誌第40巻記念特別企画として「未来に伝えたいこと、モノ、言葉」と題し、各界の叡智19人にメッセージを寄せていただいた。

PAGETOP