1. TOP
  2. 書籍 【Books】
  3. たいころじい
  4. たいころじい 第31巻

たいころじい 第31巻

【特 集】
御陣乗太鼓


【連 載】
編集長の一打一会/今回の一会・池辺 晋一郎さん
呂悦師匠の邦楽講座/藤舎呂悦
平成鳴物見聞録 其の参 岸和田だんじり祭/森田玲
尺八すけっちぶっく/土井啓輔
つれづれ咄/日比野克彦
太鼓の風景/浅野昭利
太鼓の民俗学/茂木仁史
ずいほうだより/後藤綾子


【発 行】
(財)浅野太鼓文化研究所
2007年7月20日

商品の詳細は浅野太鼓HPを覧ください。
浅野太鼓HP:たいころじい 第31巻

商品コード: 00159431

販売価格: 1,500 (税込)

0 ポイント獲得!

商品情報

[特集]御陣乗太鼓-怒濤の太鼓を通して、和太鼓の現代史を見る-

車を降りると、湿り気を帯びた潮の香りが鼻をくすぐる。
目の前に打ち寄せる日本海は、夏こそおだやかに凪いではいるが、上空にシベリアから寒気団が居すわる冬ともなれば、波頭を白く泡立てた怒濤が岸壁に叩きつける。
能登半島、輪島市の名舟海岸。絶え間ない海鳴りに、「ドコドコドコドコ」と海底深くから湧いてくるような小バイの音が重なる。膝丈の単衣に異相の面をつけ、猛々しくばちを振るう『御陣乗太鼓』。
遠い昔、九州五島列島の漁師の一団が漂着して住み着き、仲間同士の合図や非常の際の号令として生み出されたという激しいリズムは、現代日本の和太鼓芸能発展の一翼を担った先達のリズムでもある。

[編集長の一打一会]今回の一会 池辺晋一郎さん

現代日本を代表する作曲家の一人として、数え切れない楽曲を生み出してこられた池辺晋一郎さん。身近なところでは毎週日曜日の夜9時、NHKテレビの『NN響アワー』で、世界的な名曲に秘められたエピソードや、指揮者や作曲家の知られざる素顔などを、ダジャレを交えながらユーモアたっぷりに解説されています。
人生のほとんどを音楽とともに過ごされてきた池辺さんに、音楽の道に進まれたきっかけ、邦楽への思い、太鼓とのかかわりなどをおうかがいしました。

PAGETOP